ゲストハウスでワン・スプーン・納豆チャレンジサービスをしたい!

December 20, 2017

 

こんにちは、ゲストハウスのアラキです。

 

アラキって誰だよ、って方はこちらをどうぞ→富山でゲストハウスを開業
 

 

 

 

皆さん、納豆好きですか?

 

私は大好きです。

 

でも外国人は大嫌いですよね。

 

そんな外国人にぜひ納豆という日本文化を知って母国に帰ってほしいという意味を込めて、ゲストハウスではこんなことをしようと思っています。
 

 

 

 

外国人のゲストに、ひとさじ(ワン・スプーン)の納豆をためせるゲストハウスにしたい!!

 

万が一気に入った場合は1年分の納豆をあげたいと思います。

 

 

 

 

実は、以前にわたしは香港に住んでいたのですが、香港人が大好きなドリアンを結局チャレンジすることなく帰国してしましました。

 

チャレンジしなかった理由は、圧倒的なう〇このにおいがして、買っても食べ切れないのが目に見えていたから。

 

でも今になって、「なんてチキンだったんだ!経験として食べればよかった!」と不思議と後悔しているのです。
 

 

 

 

これは外国人にとっての納豆と同じなのでは??

 

そう思いこの納豆チャレンジを思いつきました。

 

別に嫌がらせのような顔をしているわけではありません。
 

 

 

 

いきなり外国人に納豆を食べさせると、もしかしたらコンプライアンス違反で控訴される可能性もあります。

 

そこで、今回は同じ富山観光未来創造塾のグローバルコースの塾生、ベラルーシ人のユリヤに試してみました!
 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今みたいに無理やり食べさせられた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、希望する外国人にのみ、このサービスを提供します!!

 

でもやっぱりなんだかんだ納豆でひと盛り上がりできました。

 

これぞ納豆パワー。
 

 


日本食の代名詞がSUSHI、テンプラになっているけれど、納豆にこそ日本食の尖ったところが表れていると思うのです。

 

富山ならスシを押すべきでしょうが、私は富山県民である前に日本人なのです。

 

私のゲストハウスでは納豆にチャレンジできます!!!(外国人だけ)

 

ほかにもいろんなサービスを日々妄想しているので今後ぼちぼち紹介していきます。

 

感想あったら聞かせてください。ではっ!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive