ゲストハウスってなんで安いの?まずはシーツを考えてみた

December 23, 2017

 

こんにちは、アラキです。富山にゲストハウスを作ろうとしているものです。

 

突然ですがこれは何でしょうか。

 

マントだーって遊んでいるのではありません。ましてやあなたをベッドに誘っているのではありません。これはシーツです。

 

実はゲストハウスのシーツについて、わたしは今悩んでいるところなのです。

 

それはなぜかというと・・・。

 

 

これは個人的な意見ですが、これを悩んでいます。

 

自分で敷く?なんのこと?という方も多いと思うので、わかりやすく赤ちゃんでもわかるような会話形式で説明します。

 

 

 

 

 

 そう、ゲストハウスの安さの秘密の一つは、シーツをお客さんに自分で敷いてもらうなど、スタッフのオペレーションを最小限にし人件費を削減していることです。

 

私はもちろんゲストハウスが大好きですが、もし同じ値段でアパホテルに泊まれるなら、そっちに泊まります。

 

それはもちろん個室だからっていうのと

 

 

シーツを敷くのが面倒くさいから。

 

旅行の時ってたいてい歩き回ってクタクタだし、お酒も入っているし、この寝る前のベッドメイキングが結構おっくうです。

 

掛け布団側のシーツって、朝になるとぐしゃぐしゃになって足元に溜まっていることが多いし。

 

外国の人は特に朝シャン派が多いので、衛生的にもよくないですよね。

 

ってことで私は・・・

 

 

うまいことやれんかな。

 

というのが今回のテーマ。前置きが長かったけど!

 

 

 

通常リネン業者に洗濯を頼む場合、シーツはリネン業者からリースしてもらいます。しかし、そのシーツの形状はリネン業者が洗濯しやすいものに限られるのです。ペロッとした一枚のシーツか、掛け布団は袋状になっているもの。

 

今研修先の宿でこれを実際に敷いていますが、とっても大変!いつも2人がかりです。

 

でも世の中にはもっと扱いやすいものってたくさんありますよね。

 

これを使いたいと思ったら・・・。

 

まずは敷布団カバーから。

 

 

 

欠点はあるけどゴム式に決定!

 

既存でゴム式のって厚手の生地が多いけど、さらっとした薄手のはないのかな。

 

ゴムは乾きやすい薄いのに変えて、1年に1回生地総入れ替えする。

 

掛け布団シーツはどうだろうか?

 

 

ピンと来るのが無かった。

 

なので、こんなのどうだろか。

 

 

 

 これなら早く乾きそうだし、すごく簡単に取り付けできるのでは??折り返し面がみえるので不格好でしょうか?

 

あ、ちなみにこの「百鬼夜行抄」は富山出身の今市子さんの作品でとっても面白いです。

 

それでは洗濯回数はどうなるか?

 

洗濯はドラム式乾燥機を使って乾燥までやることで洗濯にかかる作業負荷を減らそうと思っています。

 

業者を使うよりとっても大変かもしれないけど、入れて回すだけだし、出来なくないんじゃないかな。

 

そしてアイロンは掛けない!

 

どうでしょ?無茶でしょうか?こんなシーツは嫌ですか?感想待ってます!

 

 

明朝5時、掛け布団を「百鬼夜行抄」か魚津を舞台にした漫画「蜃気楼家族」かで迷うアラキ。

 

さっ、働こう。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts